ゼノスター(ZENOSTAR)茨城・千葉・東京で、オールオンフォー・ラジオグラフィックガイド・インプラント・ジルコニアなら茨城県神栖市の歯科技工所・向後セラミックスにおまかせ下さい。

ゼノスター

ゼノスター

ゼノスターは低コストで丈夫な次世代のオールセラミックスクラウン

ゼノスター割れないオールセラミックスクラウンであるZENOSTAR[ゼノスター]が低コストで丈夫な理由。 それはポーセレン等を使用せず、ジルコニアをそのまま歯牙形態で設計~製作するからです。

結果、咬合面はジルコニアであり、ブラキサーやグラインダーの患者様であっても補綴物が破折する心配が軽減されます。

またZENOSTAR[ゼノスター]は、WIELAND社独自の特許製法による透過度の高いジルコニア・ トランスルーセントディスクを使用しているため、天然歯支台の自然なあたたかみを反映させることも可能です。

ZENOSTAR[ゼノスター]には どのような利点があるのか?

生体親和性が高い

ZENOSTAR[ゼノスター]の素材はジルコニア。ジルコニアの生体親和性が高いことはよく知られています。

強度が高い

ジルコニアの曲げ強度は約1200MPa、ビッカース硬度は最高1300HV10です。ブラキサーはもはや禁忌ではありません!

安価で安定した製作費

材料コストは歯科貴金属による自費FCKと同等もしくはそれ以下です。 また、自費FCKであれば貴金属市場により材料費が上下しますが、 ZENOSTAR[ゼノスター]の素材はジルコニアであるため、その心配がほとんどありません。

ZENOSTAR[ゼノスター]のポジション。

ZENOSTAR[ゼノスター]は、ポーセレンクラウンのような最高峰の補綴方法ではなく、自費FCKのような比較的安価な補綴方法です。それでいて、自費FCKと比べても生体親和性、審美性が高いのが特長です。

ゼノスターのポジション

※細かな形態修正やステイン焼成など、技工作業の内容により料金が異なります。

ZENOSTAR[ゼノスター]の臨床例

ゼノスター右画像は、下顎6番、7番部位にステイニングを施したゼノスターを装着した臨床画像です。

 

このうち6番部位は、ゼノカスタムアバットメント上に直接ゼノスターを製作しているため大幅なコストダウンが実現されています。

▲TOP

トップ臨床ケース会社概要よくある質問お問い合わせ採用情報リンク集サイトマッププライバシーポリシーフォトギャラリー

オールオンフォーインプラントAGCジルコニアチタンブリッジラジオグラフィックガイドノーベルガイドゼノスターCAD/CAMエベレストCAD/CAMノーベルCAD/CAMゼノテック